Fuktommy.com

ModifireChain

はじめに

Smarty では

  1. 文字列を先頭から100文字にカットする
  2. 英数字を半角にする
  3. HTMLエスケープ処理をする
  4. 改行コードをbrタグに変換する
  5. 表示

(この例は エクスギア技術系サイト PHP5限定 CakePHPのView内の関数処理を綺麗に記述する(邪道でしょうか?) から引用しました)を

{$text|mb_substr:0:100|mb_convert_kana:"a"|escape|nl2br}

のように書くことができます。 これを素のPHPでやると、

<?php echo nl2br(htmlspecialchars(mb_convert_kana(mb_substr($text, 0, 100), 'a'))); ?>

となります(このコードも引用しました)。 Smartyやそのほかのテンプレートエンジンを使うほど大袈裟じゃないけど、 こんなことがしたいな、というときに使えるものを作りました。 ModifireChain では

<?php $chain->text->mb_substr(0, 100)->mb_convert_kana('a')->escape()->nl2br()->p(); ?>

と書くことができます。

ダウンロード

code にファイル一式があります。 実際に必要なのは ModifireChain.php だけです。

使い方

// PHPロジック部分
require_once 'ModifireChain.php';
$chain = ModifireChain::factory();

// 任意のフィールドに値を設定できます。
$chain->text = 'abc';
$chain->array = array('a', 'b', 'c');
$chain->assoc = array('a' => array('b' => 'c'));

$obj = new StdClass();
$obj->foo = 'bar';
$chain->obj = $obj;

// テンプレート部分
$chain->text->e();       // HTMLエスケープして表示
$chain->text->e('url');  // URLエンコードして表示
$chain->text->escape()->nl2br()->p();  // p()はエスケープなしの表示
$chain->text->stringFormat('%10s')->e();  // Smarty風のメソッドがいくつかあります。

// 配列も扱えます。
// ただしキーは個々にpack()する必要があります。
<?php foreach ($chain->array as $k => $v): ?>
  <li><?php $chain->pack($k)->e(); ?>: <?php $v->e(); ?></li>
<?php endforeach; ?>

// 配列のキーを指定する方法
$chain->assoc->get('a')->get('b')->e();
$chain->assoc->a->b->e();

// オブジェクトの場合
$chain->obj->prop('foo')->e();
$chain->obj->foo->e();

// 中身を取り出すとき
echo $chain->unpack();
Copyright© 1998-2016 Fuktommy. All Rights Reserved.
webmaster@fuktommy.com (Legal Notices)